みなとみらい会報告

平成23年5月21日
報告:瀬戸 佐智生
 平成23年5月21日13:30より、横浜市平沼記念レストハウスにて18名の参加者により、みなとみらい会が開催されました。今回はクライストチャーチの地震、東日本大震災のあとの最初の会合でしたので、話題は、これらの体験談と、広い意味での防災に関する情報交換が中心となりました。

皆さんの話の前に、まず被災者のための黙祷をいたしました。次に、全員の自己紹介の後、フリートークになりました。以下に主な内容を記しておきます。

地震、大震災関連
クライストチャーチでの地震体験者は、みなとみらい会関係では海老名様ご夫妻のみでしたが、当日都合が悪く欠席されたのでお話を伺うことは出来ませんでした。関連して、地震当時、ニュージーランド北島を旅行していた瀬戸より日本にいる一部の親戚への電話連絡が遅れた為、心配させてしまった反省と、友人達から安否を気遣う思いがけないメールが入っていたのに驚いた話をしました。

東日本大震災は神奈川県西部においても、かなり大きな横揺れがあり、地盤が弱い所では地割れなど起きた所も有りました。液状化も横浜駅西口付近や、そのほかの地点でも起こったようです。当日、出先で大地震に遭遇し、横浜駅から自宅(市内)まで歩かれた方、東京で宿泊された方もおられました。

震災後、激励のために福島県の出身地に出向かれた方の話もありました。

原発事故がらみで、神奈川県は放射能被害が比較的少ないと思っていた矢先、神奈川産のお茶の出荷が停止になりました。マンション9階の家で、揺れのため、冷蔵庫が開いて、中のものが飛び出してしまったことが紹介されました。タンスの倒れ止めとして、上部つっかえ棒よりも段ボール箱で上部空間を埋めて置いたほうが有効であることが紹介されました。

海外旅行関係
ネパール行きの際、バンコクでトランジットなのに、税関で鮭缶を取り上げられた話。海外危険地帯の話がいくつかありました。バルセロナ市内、パリのドゴール空港行きの電車、中国広州駅までの移動の際の危険等々。

LSC活性化
関東圏のLSCの活性化、特に新入会員が増えないことについて、ご意見を伺いました。同好会を増やすこと(ただし、率先してやる人がいない。)また、HPを充実させることなどの意見が出ました。

次回予定
次回について、世話人の白石氏から、10月頃 横須賀周遊として、昼頃横須賀中央駅に集合、近辺の店で海軍カレーを食べながらの会食、三笠公園に行き、「坂の上の雲」で話題の「戦艦三笠」を見学、その後、どぶ板通りの見学と買物等の歩く会が提案され、賛成されました。

サロン会終了後は、今までやっていた「横浜鳥ぎん」の向かいにあるイタリアン・レストラン「ラパウザ みなとみらい店」にて、懇親会を行い、親交を深めました。                                                 
 
   
 サロン会風景ー1  サロン会風景ー2
   
 懇親会ー1  懇親会ー2
   
 懇親会ー3  懇親会ー4