東京歩こう会 ロングステイクラブ 「東京歩こう会」


                               8月3日八ヶ岳「薪能」こちら

2011年7月11日(月)
「深大寺から武蔵野路・野川公園を歩く」  前ページ    次のページ       

真夏日の暑い盛り、7月11日(月)11:00に17名が京王線つつじヶ丘駅に集合。
武蔵野の古刹深大寺にバスで移動、有名な深大寺そばの老舗にて腹ごしらえ。
まずは本堂にお参りをしてから境内の高台にあるペット霊園を訪ねる。
飼い主のペットに対する思いが込められたレリーフや写真を見ながら今はペットいえども
家族、肉親同様な丁寧な追悼の気持ちが見るものに痛いほど伝わってきた。
緑に包まれた深大寺の境内を後にして多摩川の支流のひとつ、野川の川辺に向かった。
夏草におおわれた岸辺の小道を上流に向かって歩く。多摩川の支流だけあって豊かな
水量を保ちながらゆったりと流れている。時おり、大きな鯉が水面を跳ねて波紋を描くさまが
武蔵野の自然の豊かさを教えてくれる。
かなり上流に進むと昔ながらの水車を利用した粉引きを行なっている古い民家に行き当たる
ボランティアガイドのお母さんが武蔵野の水車小屋の歴史や古民家の由来を丁寧に説明して
くれて一同感激する。
武蔵野の面影を残す広大な野川公園で一休み。
すぐ近くの近藤勇の生家と埋葬された墓を見学。一心流の使い手だった近藤勇の幕府に
対する忠誠と京都での活躍を思い起こしながら時代の流れに抗したひとり男の生き様に
今一度思いを馳せた。
あまりの暑さに予定を切り上げてJR三鷹駅にバスで戻り、格安だけれどお買い得の居酒屋に
繰り込んでビールで乾杯、生き返ったひと時でした。

加藤さんによるコース説明 境内の老舗そば処 おそばで腹ごしらえ
お部屋でランチ 緑陰で深大寺そば 鐘突き堂の前で
古刹深大寺の本堂 ペット霊園へ
最愛のペットのお墓

深大寺を後にして武蔵野を流れる野川の河畔を歩く
高台から野川を見る 野川の岸辺を歩く 両岸は武蔵野の面影
コサギや居つきのカルガモがいた 明治時代の豪農屋敷 水車小屋精米所の見学
野川公園で休憩1 野川公園で休憩2 近藤勇の菩提寺(龍源寺)
近藤勇の胸像 三鷹駅の居酒屋「日本海」にて1 三鷹駅の居酒屋「日本海」にて2

                                  前ページ     次のページ